変化する住まいの好み

一緒にいて窮屈じゃない住まい

変化する住まいの好み 最近では家族が一緒に暮らせる住まい作りとして、個室を少なくして共用スペースにお金をかける人も増えているようです。注文住宅では自分で自由に間取りが設計可能なので、そのような作り方が可能です。例えばリビングは特に家族が集まる場所として最適です。最近ではみんながリビングに集まって、それぞれ違うことをしていても一緒に過ごしていて窮屈ではない空間作りが良い環境と考えられています。例えば、母親がキッチンでご飯作り、リビングでお父さんが新聞を読む、子供がその脇で宿題をしているところを想像してみます。このLDK部分の空間を広く確保しておくことで、一緒にいて窮屈さを感じさせない環境作りが出来ます。個室にこもってお互いに目隠しをして生活しているよりもずっとコミュニケーションが取りやすいです。

個室のスペースを減らすことでLDK空間を広めにとることが出来ます。広ければお互いに適度な距離を取れるので、無理に一緒に過ごしているという感覚が起こりにくいです。もし個室に住まいのスペースを当てがいすぎてしまっていると感じるのであれば、家族がみんなで過ごせる共用スペースを広くするような考え方にシフトしてみると良いでしょう。