変化する住まいの好み

住まいのローンに関して

変化する住まいの好み 住まいのローンに関して、返済方法の種類や、ローン審査条件、金利動向などを交えながら説明いたします。家を購入する際にはほとんどの人が住宅ローンを利用し、売主に一括代金を支払った後に借り入れした金融機関に返済する方法をとっています。住宅ローンを利用して借りたお金を返済する方法には種類があり、元利均等返済方式と元金均等返済方式に大別できます。元利均等返済方式で返済する場合は、毎月の返済額は一定しており、家計の管理がしやすいというメリットがありますが、返済額の金利分の割合が高く、なかなか元本の返済に回らないというデメリットがあります。

もうひとつの元金均等返済方式は返済初月から金利分の返済割合が高く設定されていますので、初月の返済額が最も高くはなりますが、徐々に返済額が減っていく特徴がありますので、トータルの支払い金額は元利均等返済方式よりも少なくなるというメリットがあります。また住宅ローン金利は低下し続けている状況が長く、長期固定金利よりも短期固定金利で借り入れして、その期間でまとめて返済するほうが得な状態となっています。また既に住宅ローンを組んでいても、他の金融機関の金利が低い場合はローンの借り換えをした方がトータルの支払い金額が抑えられるため、検討することが大切です。